福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2019年10月09日(水) 21:30

久之浜地区の海岸復旧が完了 被災を記録し続けてきた地元の女性の想い〈福島県いわき市〉

震災で甚大な被害を受けたいわき市久之浜地区。
堤防のかさ上げなど復旧工事が完了し、防災力が高められた。

震災で津波に襲われ、火災も発生したいわき市の久之浜地区。
509世帯が全半壊し、41人が亡くなるなど甚大な被害を受けた。
10月9日..あれから8年半が経ち海岸の復旧工事が完了、災害に耐えられる場所へ変わった。
海岸の堤防は1メートルかさ上げされて7.2メートルとなり、堤防脇には11.2ヘクタールの防災緑地も整備された。

9日、復旧工事の完了を記念して竣工式が開かれた。
その様子を撮影していたのが、久之浜地区に住む石川弘子さん。
津波が来る直前まで川岸にいて、間一髪で津波から逃げたという石川さん。
甚大な被害を受けた地元の様子を写真に収めていた。

石川さん:「普通の道路なんですけど、瓦礫もあります。そして手前の方は津波が運んだヘドロが沢山あります。」

いま、石川さんはいわき語り部の会の一員として活動している。
石川さん:「伝えない事には、分からないです、分からない人達に分かるように、出来るだけ伝えていければ。」

取り返しのつかない被害をもたらした津波から間一髪で逃れ、その後の街の様子を記録し続けてきた石川さん。
災害の恐ろしさ、そして備えの大切さをこれからも伝えていく。

福島県内の海岸の復旧工事は現在、着工率98%・完了率89%で、避難指示区域を除けば今年度で終了する見込み。
海岸の復旧工事も着工しているが、先月末の時点で完了した場所はない。
帰還困難区域とあって作業時間が限られるため、終了の見通しについて県は明らかにできずにいる。

10月09日(水)のニュース一覧

ページの先頭へ