福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2019年09月10日(火) 21:00

9日に福島県に最接近した台風15号 小学校のシンボルが倒木 梨農家にも被害<福島県いわき市>

学校のシンボルでもあった樹齢400年の松。
台風15号の強い雨と風で太い幹も耐え切れなかった。

福島県いわき市の草野小学校。
長きにわたり子供達を見守ってきた「大志の松」が9日の台風15号の影響で倒れてしまった。

いわき市立草野小学校・佐伯哲夫教頭:「本当にゆっくりスローモーションで、音もたてずにゆっくり倒れたって感じですね…倒れた瞬間は頭が真っ白になってしまいました」

学校ではお別れ会を実施、撤去作業を開始。
児童達もショックを隠しきれない。
児童:「陸上大会の時に、朝出発する前に松の木に触ってパワーをもらった。」
「ずっとこの場所でたってくれて、そして僕の事を見守ってくれてありがとうございました」

長年、子どもたちを守ってきた「大志の松」。
その種から育てた新しい松が役目を受け継ぐ。
いわき市立草野小学校・佐伯哲夫教頭:「名前も『希望の松』という風な形で、まあ大志の松に負けないようにという事で植えた。子供達はこの新しい松のように、未来に向かって頑張って欲しいな、と思います」

一方、台風の爪痕はいわき特産のナシにも…
台風一過の爽やかな青空のもとナシの収穫作業が行われていた。

「これは、きのう落ちたナシです」と梨農家の草野富夫さん。
畑に落ちていたのは収穫前のナシ。
台風15号が被害をもたらした。

草野富夫さん:「三分の一は落ちるんじゃないかなと予想はしてたんですけど、おかげ様で10個位で済んだ」

ナシの落下は最小限で済んだが、鳥害を防ぐネットが風で飛ばされてしまった。
草野富夫さん:「初めてです。これだけ一文字に切れるなんていうのは無かった」

この畑では今後の台風に備えて対策を強化することにしている。

09月10日(火)のニュース一覧

ページの先頭へ